階ム敲門講座 Ⅰ-a はじめて環排(カンパイ)

階ム敲門講座Ⅰ-a「環排(カンパイ)」は、どなたもが最初に受講いただく講座です

修練の基礎的な方法や、元極功法の歴史、基本方針などを学びます。階ム敲門講座Ⅰ「環排」の受講後には、「臥龍点睛功」の講座を受講することができます。

「階ム講座」は入門前の段階の「敲門(こうもん)講座」(門前講座)です。
体調を整え、気のエネルギーを補い、健康回復を目指すことを目的としています。

入門講座は「階ヒト講座」初級からになります。

・受講料:税込13,200円 
 教科書、録音教材1枚(CD、Micro-SDのいずれかを指定ください)、もとつきわみ図、帯功付。
・受講時間:3時間30分
※どなたでも受講でます。

□動功「はじめて環排(カンパイ)」
手を上げ下げする約10分の簡単な功法です。
①  新しい気の流れる道(経脈絡)を創ります。
② 天地の良いエネルギーを取り入れ全身に巡らせます。
③全身の悪いモノを吐き出すことができるようになります。

□収式・調和
修練後の好転反応を緩和する功法です。

階ム敲門講座 Ⅰ-b 功法有無 ム

~有形の肉体と無形の肉体との連絡経路を完成させ、双方向に影響し合うことが目的です~

この功法は、有形の肉体と無形の肉体との連絡路を完成させ、双方向に影響し合うことを目的としました。 つまり、この功法の修練をすれば、主に無形の肉体に作用する功力が、有形の肉体に対しても、より強い影響力を持って作用することになります。

功法について

通常、無形の肉体に作用があった場合には、有形の肉体に結果が現れるまでに、若干の時間差があります。この功法の場合には、無形の肉体に作用させた時に、よりすみやかに有形の肉体に作用がもたらされるように、時間を短縮する力があります。

気が流れる経脈や気を貯蔵するといわれている三焦(日之本元極では三五焦と考えている)を有する無形の肉体は、有形の肉体と互いに影響し合っているものの、それぞれは独立した別個の存在です。この2つの存在が、もっと密接に連動することを可能にする功法が誕生したのです。

この功法の修練によって、無形の肉体と有形の肉体が、密接に関連しあって双方向から作用をもたらすように、功法が設計されています。

病気の改善に役立つことはもちろんのこと、あきらめていた機能障害、運動麻痺などの後遺症、精神的な課題や未病に至るまで、さまざまなトラブルの改善に、光明が差すことになります。

□功法有無 ム
受講時間 :2時間30分
講座料金 :13,200円(税込) 教科書、帯功付
録音教材別:5,500円(税込) ※CD、MicroSDのいずれかを指定ください。
受講資格 :どなたでも受講できます。

 

階ム敲門講座 Ⅱ  Ⅲ

・受講料:税込44,000円
   教科書、録音教材2枚(CD、Micro-SDのいずれかを指定ください)、修練用ガイド図1枚、各回帯功付
・受講時間:各3時間
・受講資格:階ム敲門講座Ⅰを受講済みの方

階ム敲門講座Ⅱ
□先天呼吸法「胎息(たいそく)」
  全身の毛孔竅穴で呼吸する力を強力にするための功法です。 三元エネルギーの取り入れ量や邪気の排出量が格段に向上し、修練の上達スピードを促進します。

□天長地久(てんちょうちきゅう)
  下腹部全体にエネルギーが流れ、充満しますから、 腎臓、肝臓、胆嚢、副腎、胃、十二指腸、小腸、子宮、卵巣、膀胱などに異常のある方にとって、きわめて有効な功法です。 また、エネルギーが稼働する範囲が広がり流れることによって、経脈も開発されていきます。

階ム敲門講座Ⅲ
□立ちの三、立ちの一
・五臓六腑の調和を取ることにより、全身の健康を維持します。
・精神的な疾病への機能が付加されています。

□清昇濁降(せいしょうだっこう)ム
・全身の経絡を縦横無尽に貫通し、邪を下に吐き出し、清を上に昇らせます。
・全身の骨・関節・靱帯等の疾患、事故、怪我に三元エネルギーが作用します。
・支える筋肉にも作用が及び、調整された後、後戻りしにくくなります。

階ム敲門講座 Ⅳ Ⅴ

・受講料:税込60,500円
   教科書、録音教材1枚(CD、Micro-SDのいずれかを指定ください)、MP3プレイヤー1台、各回帯功付
・受講時間:Ⅳ3時間、Ⅴ3時間30分
・受講資格:階ム敲門講座ⅡⅢを受講済みの方

階ム敲門講座Ⅳ
□歩法「神鳳遊歩功」
・そして健康回復と病気予防に大変効果的な功法です。十二字真言を黙念しながら、力を抜いて歩きます。
・天地の三元エネルギーを取り入れ、心身の邪気・末性(病気の原因となるモノ)を排出します。
・ストレスや精神的な重圧、不都合にも有効に働きます。

□手当法「六神秘功ム」
・身体の各部(臓腑)に手を当てたり、左右の手の先を触れたりする功法です。
・臓腑と左右の指先、手のひら(労宮)の相互が作用し合います。
・臓腑にエネルギーを供給したり、調和を取ることにより、健康を回復したり、維持するための功法です。

階ム敲門講座Ⅴ
□免疫力活性適正化手当法
  放射能の影響からの免疫力低下による病気を予防するだけでなく、免疫力が低かったり、過剰による疾病にも効果を現します。
  インフルエンザ(勿論、鳥インフルエンザも含む)、アレルギー、癌、エイズ、膠原病、リウマチ等、その他、広範な病気で苦しんでいらっしゃる方々に、福音をもたらすでしょう。