※ご希望の方は、ご相談ください。

治療が不可能と言われる精神的な問題に

人格統合調和法」は、人の精神活動を統合・調和させて、神から与えられた無形の4つの意識と心が、相互に助け合い、それぞれの役割を全うするように働きかける施術です。

人の無形の4つ意識は、母親の胎内にいる時(胎児が3ヶ月頃)に、神によって天命と同時に与えられます。四つの意識とは「魂」「本姓」「顕在意識」「潜在意識」と名づけられた意識です。それぞれの意識は、生き変わり生まれ変わりを何度か経験しています。

これらの無形の意識は、男性の肉体には男性として生きた意識が与えられ、女性の肉体には女性として生きた意識が与えられるのが理想ですが、生まれてくる子供たちの役割として、男性の肉体に女性の意識が与えられたり、女性の肉体に男性の意識が、意図して与えられることがあります。

つまり、そういう性の不一致さえも、神が人に与える天命(役割)だといえます。あえて、天命を与えながらも、無形の意識に左右されて生きるのではなく、肉体の「性」と折り合いをつけながら苦労や努力を重ねて生きていくことを神は望んでおられます。

このような、性のミスマッチのご相談があったことを契機として「人格統合調和法」の施術が誕生しました。10年ほど前のことです。

今では、 性同一性障害をはじめ 多重人格、不登校、発達障害、自閉症の子供たちや、うつ病、出社拒否、心身症、無気力などの方々にも適応が拡がって、多くの方々からご依頼をいただいている施術です。

詳しくは、ご相談ください。プライバシーは守ります。

 

ご相談・お問い合わせは こちら