最近、神々からのお言葉を見返している時に、2008年普善禅師からのお言葉を見つけました。
2008/01/06
人の竅穴を見る力を与えるのは、スタッフに限定されるべきです。

または、スタッフに準ずる者、協力者に限定されるべきです。
スタッフやスタッフに準ずる講師以外が、人の竅穴を見ようとしたときには、遮断して見れないようにしなさい。
人の竅穴をのぞき見るということは危険なことです。
たとえ、修練をしていても徳が無ければ竅穴ができません。
たとえ、多くの修練を積み重ねた歴史があろうとも、「徳」やそのものの役割が充分果たせないという状況下では、竅穴は、充分に出来上がりません。

それらのことは、日常生活では分からないのに、竅穴の大きさで分かってしまうことがあります。

それは、その人にとって極めてマイナスの情報であるので、スタッフ以外は知ることを許されません。
自分より上の位置にいる先輩の竅穴を見ることも、止められなければなりません。

新参者が、上位にいる者を見ることは出来ません。

上位にいようとも、その者が上位の竅穴を持っているとは限らないからです。
入門して、自分の竅穴を見ることは、許されることです。

自分の竅穴を見て、次の段階に進んでいくことは、能力として許されるべきことです。


今、「とくのしま」の力を使って、限定された者以外が他人の竅穴を観ることができないようにしました。

もちろん、スタッフとて師や先輩の竅穴は観ることができません。


そして、練功をきちんとすれば、ご自分の竅穴をしっかりと把握できるようにもしました。

これからは、その竅穴の大きさをしっかりと観て、ご自分で修練段階を判断するようにしてください。
それがわからない者は、まだまだ修練が足らないということです。

「亀爺先生の気功講義」最新記事、バックナンバーは
超能力・潜在能力と気功・功法 気功教室 日之本元極をご覧ください。
https://ameblo.jp/hinomoto03/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。