私は元極功法を始めて3ヶ月目に、その普及基地である蓮花山に初めて行きました。

そして戻ってくるとすぐに、自分の竅穴がどれぐらい出来上がっているのか、その大きさが判るようになりました。

蓮花山は修錬者にとって(一般の人にとっても)特別な所ですし、特別講座が開かれる年5、6回の時は、特別に気の場の強い刻(とき)な訳で、その時に特別な功法を授かるわけですから、なおさらです。

現在、蓮花山は特別な所ではなくなってしまいました。
その場所にあった七つの龍穴は全てなくなり、高山新宮に移動させられました。

今修錬をしている皆さんにとって特別な所は、ここ日本の高山新宮で、特別な時とは日之本元極で開催される特別講座の刻(とき)です。

蓮花山から戻って2ケ月ほどすると、講師になるようにとの依頼があったので、軽い気持ちでそれを受け、元極を始めて5ヶ月で講師になったのです。

今から思うと、冷や汗が出るようなことでした。

講師になってしばらくすると、他人の竅穴のでき具合も判るようになっていました。

しかし、自分の教えた人たちの竅穴は観るものの、師や先輩の竅穴を観ることは一切しませんでした。

それは、師については、恐れ多いことだと思いましたし、先輩について言えば、それをすることは失礼なことだと思ったからです。

そら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。