10年ほど前、高山市宮小学校の田中校長先生が、

「がりゅう通信」の中で、二年前のある講 演会での

お話を紹介してみえます。

『「私の妹はとっても可愛い三つ子です。

それでお母さんは毎日朝から晩まで赤ちゃんの

お世話で大忙しです。

だから私は少しでもお母さんが楽になるように

自分のことは自分でしっかりやったり、

お手伝いしたりして頑張っています。」という内容の

「私の妹」と題 する作文で、ある三年生の女の子が

文部科学大臣賞を受賞しました。

東京での授賞式の帰路、お母さんが

「すばらしい表彰式だったね。実はお父さんから、

ご褒美に何でも買ってあげなさいと

お金を預かっているの、何がほしい。」と聞きました。
暫くして「何にもいらないよ。」と女の子が応 えました。
「遠慮しなくてもいいんだよ。何でも言ってごらん。」

と再び聞きました。
しかし、「本当に何もいらないよ。」と相変わらずの返答です。

新幹線からバスに乗り換え、降車する近くになって初めて

「お母さん、おんぶして」と囁(ささや)きました。

さて、家に帰って、赤 ちゃんを寝かせた後、

お母さんは娘をおんぶして近くの公園へ散歩に出かけました。
暫くすると、お母さんは首筋に生暖かいものが流れてくるのに気づ いたそうです。
そして、お母さんは、
「ごめんね、ごめんね。」と娘を抱きしめ、

親子で泣き合った。』

と、いった内容で す。

最近、自閉症などのお子さんやお母さんと、

ご一緒することが多く、

子供への接し方について考えることも多々あって、

胸を打たれたお話でした。
むやみに何でも買い与え、『甘やかす』のではなく、

本当の意味で子供が甘えなければいけない時期に

しっかりと『甘えさせて』あげたいものです。

「亀爺先生の気功講義」最新記事、バックナンバーは
超能力・潜在能力と気功・功法 気功教室 日之本元極をご覧ください。

 

大正池

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。